読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も呑気にVOAニュース

日々VOAニュースとスカイプ英会話をフル活用して英語上手を目指します

学習記録(2017/2/2)

今日は、朝に3コマ、レッスンを受けた。

learningenglish.voanews.com

  • トランプ大統領が司法長官代行(Acting Attorney General)のサリー・イエイツ(Sally Yates)を解任し、デイナ・ボエンテ(Dana Boente)にすげかえたことに関する記事
  • これによれば、イエイツは、司法省の役人に対し、「自分が司法長官代行である限り、自分が適切だと判断するまで、司法省は(移民に関する)大統領令を擁護することに関する議論をしない」(“For as long as I am the Acting Attorney General, the Department of Justice will not present arguments in defense of the Executive Order, unless and until I become convinced that it is appropriate to do so.”)と命じ、その数時間後に解任されたという。この衝撃的な解任劇の持つ意味の分析と、反対派・擁護派それぞれの見解が提示されている。
  • 古くから、悪法であっても人は従うべきか、という論点がある。ナチス・ドイツの法にドイツ人が従うべきなのかどうかというのは、ニュールンベルグ裁判でも争われた。解任された司法長官にとっては、トランプ大統領が発した大統領令は、この種の悪法に属する懸念を抱いたのかもしれない。信念を貫くのは立派だけれども、個人的には、信念に反する命令に従うふりをしながら実運用の中で巧妙な手法を駆使して信念に沿うことをやってほしかった。

learningenglish.voanews.com

  • アメリカの最高裁判所判事候補に中絶反対派の判事が指名されたことに関する記事。
  • 現在、アメリカでは中絶は合法だが、将来、さらに判事に空きがでて保守派が指名されることで、1973年の判決が覆される可能性があるという。

learningenglish.voanews.com

  • 中絶反対派の50万人がデモを行ったことに関する記事。
  • 1973年に出された中絶を合法とする判決以来、43年の長きにわたり抗議活動が継続しているという。
  • 私は中絶にまったく賛成できないけれども、これは私個人の考えで他人に強制したいとは思わない。中絶するかどうかは、女性の人生にとって非常に大事な問題なので、それぞれの女性の自由意思を尊重するのが望ましいと思う。 

今月の進捗

  • 学習した日    2日
  • サボった日    0日
  • 受講レッスン数  6 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ