読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も呑気にVOAニュース

日々VOAニュースとスカイプ英会話をフル活用して英語上手を目指します

"stump"の意味

 今日のスカイプ英会話のネタに使ったVOA Learning Englishの記事で面白いものがあった。

learningenglish.voanews.com

 

これは、「stump」という英単語の意味の変遷を扱ったもの。

stumpはもともとは、木の切り株や鉛筆を使い果たした残りの部分のような残った部分を意味していたけれども、アメリカ入植者が開拓していく過程で切り株だらけの土地ができ、困り果てて「I'm stumped」というようになったとか。

切り株が生活の一部に取り込まれるようになり、アン・マウリー(Ann Maury)という人は、1716年のある日に木造建物で囲まれた町を訪れたところ、町の中心に木の切り株がそのまま残っているという光景を見た。不思議に思って町の人にわけを聞いたところ、二人いるチーフが何かを言うときは、皆に聞こえるよう、この上に立って話すからだ、ということだった。

ジョージ・ワシントンGeorge Washington)が1775年に指揮官になった際、切り株を使って隊員に話した。やがて、切り株の上に立って話す人を「stump speaker」というようになり、それが政治的な意味を帯びて、演壇という意味に転じた。さらには、遊説するという動詞にもなった。

ただ意味を調べたければ辞書を使えばわかるけれども、そこで調べられる意味は平面的で無機質である。けれども、こうしたストーリーで学ぶと、stumpという言葉の持つ意味が、アメリカで暮らした人々の生活の歴史とつながっていて、興味深い。

とても面白い記事で読んでよかった。

eow.alc.co.jp

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語学習記録へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ