読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も呑気にVOAニュース

日々VOAニュースとスカイプ英会話をフル活用して英語上手を目指します

英語勉強法:スクール選び

私は英会話重視の英語学習をしている。英会話は、現在は産経オンラインを使って、フィリピン人とスカイプで勉強している。

私の料金プランは、次の二つの併用である。

・定額制  毎日50分プラン 9,800円(税込)/月

・チケット制 プラス45チケット 10,800円(税込)

平日は、毎朝5時台に起床し(勝手に目が覚める)、その日のフリートークで教材として使うVOAニュースをピックアップし、6:30〜8:00に3コマ受講。定額制分が2コマと、チケット分が1コマである。週末は、朝に3〜4コマ、夜に時間があれば2〜4コマを受講する。チケットは1か月で使い切らないと失効してしまうので、期間満了に近づくと結構無理なペースで授業を入れる。

 

こういうペースで勉強を始めたのは去年の7月からで、それまではいろんな変遷があった。

 

2012年1月〜

2012年1月、マンツーマン英会話で有名なGABAに通い始めた。GABAへは、2016年2月まで、4年ほど通った計算になる。この間受講したレッスンが336回、使ったお金がだいたい200万円なので、1回(40分)あたりのレッスンの単価は6,000円だった。

 

2015年7月〜

2015年7月から産経オンラインを開始した。当時は、定額制の毎日25分プランとプラス15ケットの併用という、今から思えば控えめなスタートだったけれども、週に80分しか英語レッスンする機会がない自分には大進歩だった。

 

GABAの先生のクオリティはとても高いけれども、金額も高い。40分1回の単価で、定額制25分コース1か月分に匹敵するのである。正直、この価格差は、どんなクオリティが高い先生がたくさんいようとも正当化できないと思った。それで、GABAは支払済のチケットを使い切るのを待って退会した。

 

2015年12月〜

実は、GABAを辞める直前の2015年12月から2016年4月末までの5か月間、DMMオンライン英会話を産経オンライン英会話と併用した時期がある。DMMにはデイリーニュースという教材があって、ボキャブラリーを増やすには理想的に思えたからだ。

 

ただ、このデイリーニュース、使って見てわかったけれども、VOAニュースをカスタマイズしたもので、だったらはじめからVOAニュースを読めばいいじゃん、ということになった。

 

DMMは、4か月間に145回のレッスンを受けた。この間に支払った金額が1万7800円なので、25分のレッスン一回あたりの単価は124円である。値段でいえば、ダントツだろう。ただ、産経オンラインのようなプラスチケットがDMMの場合だと使いにくく、その意味で産経に軍配があがった。

 

2016年5月〜

そこで、DMMはやめて産経一本に絞った。その際に、定額制のコースを25分から50分に増やし、追加チケットを15から30に増やした。ところが、ちょうどGW休みに時間が暇だったため追加チケットを使ってたくさんレッスンをうけていたら、半月くらいで使い切ってしまった。この後、急に英語熱が上がり、結局追加チケット30では1か月もたないことが翌月も続いたので、7月から追加チケットを増やして45とした。

 

産経オンラインについては、18か月の間に1,206回レッスンを受けた。この間に支払った金額が26万円なので、25分のレッスン一回あたりの単価は215円である。DMMに比べれば倍近くするけれども、追加チケットで予約した分をキャンセルして定額制の分での予約に振り返られるという利便性を考慮すれば、この値段は十分許容できると思う。

 

I'm going with Sankei Online.

 

にほんブログ村 英語ブログ オンライン英会話スクール・教室へ
にほんブログ村

 
英語 ブログランキングへ