読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今日も呑気にVOAニュース

日々VOAニュースとスカイプ英会話をフル活用して英語上手を目指します

オバマ退任後を見すえたロシアの対応

 ┣米ロ関係 アメリカ ロシア 外交 情報セキュリティ

オバマ大統領の退任まであと数週間に迫り、ギクシャクしていた米ロ関係に変化の兆しが現れている。

 

キッカケとなったのは、昨年12月中旬にオバマ大統領が発表したロシア人外交官の国外追放措置。これは、ロシアが国家ぐるみでアメリカの大統領選挙に介入したとオバマ大統領が断罪し、そのことへの報復措置として発表されたものだった。

learningenglish.voanews.com

 

この記事によれば、オバマ大統領は、G20の席でプーチン大統領に面と向かって「Cut it out.」(やめろ!)という強い口調を用いて難詰したらしく、その時に撮られたと思われる緊張感満載の写真も公表されている。マフィアのボスのにらみ合いのように、お互い一切笑顔なく脅すように向き合っていて、まるで決闘の果し合いを見ているかのよう。

 

その場でプーチンがなんて言い返したのか、どんな態度をとったのかの言及はなし。この会談以降サイバーテロは止んだ、というのはオバマ側の発表。

 

ロシア側としては、アメリカからこんな喧嘩を売られたならば、かけられた嫌疑の真偽はさて置き、公式には否定して報復するのがいつものパターンで、今回もほぼその定石にそって推移するかとも思っていたけれども、実際は違った。

learningenglish.voanews.com

 

これによれば、ロシアの外相は報復を決断して公表までしたものの、オバマ大統領後の将来の米ロ関係を見すえたプーチン大統領の判断によって、誰も追放しないという判断に変更されたとのこと。

本当のことは第三者には分からないけれど、もし、実際にサイバーテロをやっていたのだとしたら、立ち回りがうまいとおもう。ずる賢いとか狡猾というのをなんていうのかWeblioで調べたら、Craftyというらしい。

 

Russian government is good at taking crafty measures like a snake.

 

Memo

"the incoming administration”  次期政権

 

 ★クリックよろしくお願いします!

 にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ